定年まで一生懸命働いても幸せになれない

わんどんです。

 

 

今年もあっという間に半年が過ぎ去りましたが

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

僕は今年は、専業生活2年目に突入したので

比較的のんびり過ごせました。

 

 

年始は一気に1ヵ月休んでみたり、

思い付きでフラッと伊豆に行ってみたり、

ジョジョの奇妙な冒険を2巡したり、

最近では映画・昼顔を観に行ったり、

平日の朝からサービス業の友達と浅草でべらぼうに呑んだり、

興味が沸いた本を買い、読み漁ってみたり、

新しいジャンルのブログを稼がせてみたり…

 

 

まぁそれくらいしかやってないんですけど(笑)

 

 

1年が長い!

今の生活になってから、いつ何をしていても

「一瞬一瞬をめちゃくちゃ長く感じる」ようになりました。

 

 

1年が長い、1日が長い、1時間が長い、1分が長い。

 

 

それでいて割と自由な生活させてもらってますから

 

 

これ、1日くらい使えば

世界一周できるんじゃないか?ってくらいの感覚です。

 

 

しかもその全てが「完全に僕だけの自由な時間」です。

 

 

誰にも縛られない時間。

誰にも媚びない時間。

僕だけが操作できる時間。

僕だけの世界に没頭できる時間。

大好きな仲間たちと思う存分共有できる時間。

 

 

な~んてことない時間すら

この上ない幸福を味わえるようになりました。

 

 

 

 

僕がブラック工場勤務のサラリーマンだった頃には

絶対に味わえなかった感覚ですね、これ。

 

 

あの頃は「1年」が音速で僕の目の前を過ぎ去っていきました。

 

 

1年を、1ヶ月のように感じていましたから^^;

 

 

「大人になったら時間が短く感じるもんだ」

 

 

っていう親の言うことが

本当だったんだ!って思ったのと同時に、

 

 

大人になったら、こんなにも辛く苦しい1年間を

我慢して過ごさなければいけないのだなぁと悟りましたね^^;

 

 

そしてそれが45年間続くという「地獄」…

 

 

当時の僕は、やりたくもないのに

人生を賭けたデスマッチにエントリーしてしまっていたわけです。

 

 

サラリーマンは自由な時間が著しく少ない

サラリーマン時代に味わった時間の速さっていうのは

今の僕の時間感覚とは真逆。

 

 

「自分のために使うはずだった時間を

全て会社に奪われていたから、短く感じた」

 

 

だけのことだったんですね。

 

 

僕のために使うはずだった時間を会社に貢献して

給料という「お駄賃」に替える。

 

 

そうしなければ生きていけなかったので

消去法でそうしていましたが、

 

 

今となっては、一般社会から

早急に逃げ出しておいてよかったと思っています。

 

 

 

 

僕があのままサラリーマンを続けていても

「僕にとっての真の幸福」は訪れなかったでしょう。

 

 

ここからもう半年すれば1年が終わり、

年末年始が来て、また1年が始まり、

またいつの間にか半年が過ぎ、また1年が終わり…

 

 

そして数十年後、体力的にも精神的にも

夢や希望を叶えられなくなった自分を鏡で見つめながら

 

 

「本気でやっときゃよかった…」

 

 

ってな事態になるのは自分自身ですしね。

 

 

 

 

サラリーマンを全否定するわけじゃないですが。

 

 

少なくとも、会社に時間を貢献して

賃金だけで生活する道を選択しているうちは幸せにはなれないし、

 

 

ましてや「自由を求める意思」と比べたら

一般常識なんて風の前の塵に同じだよなぁ~ってことを

つくづく実感した、そんな半年間でした。

 

 



PR

「何から始めたらいいか分からない…」
「情報商材って怖い…」

そんな悩みとは今この場でおさらば^^

本当に使える情報商材をまとめてます。


→ジャンル別情報商材早見表



あなたからのお問い合わせは
いつでも受け付けています。

ネットビジネスの相談・質問や
「気になる案件があるけどこれってどうなの?」
「本当に選ぶべき情報商材は何?」など、
分からないことがあればお気軽にどうぞ^^


→わんどんにメールしてみる

プレゼント付き無料メルマガ

僕が20代でネット起業・脱サラし、
完全匿名で稼ぎ続ける「本音」を明かしています。




アフィリエイトで稼ぐ方法


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ