社会不適合者が好きなことを仕事にすると失敗する

わんどんです。

 

 

以前の職業が工場勤務だった僕ですが

その前はまた別の専門職に就いていました。

 

 

一般的に「夢」と呼ばれる形で専門職に就いたわけですが、

今では本業であるアフィリエイトの不労所得で生活しています。

 

 

 

 

「夢は諦めたのか?」と聞かれれば「はい」と答えます。

 

 

「資格まで取ったのにもったいない」と言われれば

もちろんもったいないです、苦笑いしかできません。

 

 

「なんで辞めたの?」という質問に対しては

仕事にするレベルで好きではなかったとか

会社や業界の意向と僕の理想が違ったとか

手が酷く荒れるとか、元々人間が好きじゃないとか色々あります。

 

 

「なんでそうまでして一度でもその仕事をしたのか?」

と聞かれても、大した理由がないので明確には答えられません。

 

 

「親に申し訳ないと思わないのか?」とかいう

ふざけた問いに関しては「へ、へぇ~い^^;」って感じです。

 

 

 

 

正直、適当でした。

 

 

適当でしたが、情熱はありました。

 

 

あの瞬間の「仕事にしよう」という決意は本物でしたから。

 

 

あの瞬間は本気だったんですよね、あの瞬間は。

 

 

 

 

というか、他人には到底評価できるようなことでもないんですが

とにかく、好きを仕事にするのはリスクだよっていうお話。

 

 

※もちろん死ぬまで好きなことで食っていく人もたくさんいますよ。

 

 

「好き」を仕事にするな

この世の中、好きを仕事にしたい人はいっぱいいます。

 

 

好きを仕事にする人もいっぱいいます。

 

 

じゃあなんで挫折するのか?

なんで挫折率が下がらないのか?

 

 

っていうと、

結論を言えば「好きじゃなくなる」んですね。

 

 

正確に言えば

「仕事レベルの情熱が注げなくなる」んです。

 

 

決して、諦めたわけじゃないんですよ。

 

 

 

 

じゃあなんでそういうことが起こるのか?っていうと

何かを「好き」である瞬間っていうのは

自分の裁量である場合が多いです。

 

 

「自分が好きだと思っているから、好き」

 

 

好きを仕事にしようとしている人の感情は

この成分が一番強いです。

 

 

好きなことを仕事にしようとしている人のほとんどが

感情論で都合のいいように考えているだけなんですよね。

 

 

 

 

なんでそういう感情論に流されるのか?っていうと、

 

 

一般社会の常識を主体にして考えると

「好きを仕事にできた人が勝ち組」って意見があって、

僕らは常に先人からその考えを刷り込まれているからです。

 

 

「好き=天職」理論ですね。

 

 

好きだからなんでもできる。

好きだからその中にある嫌なこともこなせる。

好きだから労力も時間も惜しまない。

好きだからなんでも捧げられる。

 

 

好きを仕事にする直前の希望に満ち溢れた人とか

好きを仕事にできなかった人は本気でこう思うんでしょうが、

 

 

実際に好きなことを仕事にすると、

決してそんなこと思えなくなりますよ(笑)

 

 

二度とそんな絵空事を口にすることができなくなります。

 

 

 

 

なんにしても経験すると分かりますが、

もしあなたが僕と同じ側の人間であれば

嗚咽するほど、嫌でも理解できてしまうことだと思います(笑)

 

 

人間は感情で思考を「改変」する

好きなことがある人って、逃げ道があるんですよ。

 

 

「労働からの逃げ道」です。

 

 

 

 

嫌々ながらも生活や家族のためだけに

骨身を削って定年まで持ちこたえるような

「ライスワーク」をしている人が人類の大半だから、

 

 

僕のような、好きなことがある人たちって

「そんな人たちのようにはなりたくない」っていう

一種の危機感みたいなものを元々持っていて、

 

 

そんな「労働地獄」から逃げ出すために

好きを仕事にすることで、絶望的な未来を回避しようとするんですよ。

 

 

「100歩譲って労働してやってもいいけど、辛い労働はしたくない」

 

 

その一心なんです。

 

 

 

 

で、好きなことを仕事にするという

一種の「逸脱した人生」を正当化するために

社会貢献とか業界健全化とか、口ではなんとでも言ってみせます。

 

 

美学の演出くらいはしとかないと

どっかの「口だけ星人」に叩かれて面倒ですから^^;

 

 

夢のために体裁を取り繕う。

夢のために時には嘘までつく。

夢のために自分にまで嘘をつく。

 

 

そんな醜い徳を積んでまで

無理矢理にでも仕事をすることでしかお金を生み出せない

僕のような人たちは

 

 

「働かなきゃいけないけど、嫌な仕事はしたくない」

 

 

という「消去法」によって人生の選択肢を増やすしか

生き残る道がないんです。

 

 

その逃げ道がたまたま、僕らにとっては

「好きを仕事にする」ってことなんです。

 

 

自分の中で、理想と妥協が合致するんですよ。

 

 

 

 

無情なようですが、事実です。

 

 

実際に僕が、

周りの人間の事実や聞いた話を照らし合わせてみても

多くの場合、こんな風に人間は動きます。

 

 

「働きたくないから”好きを仕事にするという面目”で社会から逃げる」

 

 

という人たちがほとんどです。

 

 

 

 

自分の中での「葛藤」もありますよね。

 

 

こういう、行き場のない感情によって

本当は違うのに、好きなことすらも仕事としてやりたくないのに

好きだと「思い込んで」一生をやり過ごそうとする。

 

 

だから挫折する。

 

 

 

 

「曲がった価値観だね、悲しいね」って思うかもしれませんが

それは「時代」を目の当たりにしていない人の発言です。

 

 

時代から目を背けている人の発言です。

 

 

何が言いたいかって言うと、

「雇われる」ことが全てじゃなくなった現代なんだってことです。

 

 

現代では、夢ってそんなもんですよ。

 

 

働くことが主体の夢なんて現代では「モテ」ません。

 

 

スマホ1つでどんな情報でも手に入る現代ですよ。

 

 

ユーチューバーとか大学生起業家かとかのほうが

若い人にとっては、魅力的に決まってるじゃないですか(笑)

 

 

 

 

今の人間には、大企業への就職で得られる偽りの安泰よりも

若くして自由業やってる人のほうがモテます。

 

 

それこそ、僕のような「働かない自由な専業アフィリエイター」もです。

 

 

これは夢でもなんでもなく、社会的にモテてます。

 

 

現にユーチューバーという職業が

なりたい職業ランキング上位にいますからね。

 

 

おまけに、労基違反、過労死などのニュースによって

企業への就職がリスクだと認知されているから

普通の人間なら、恐ろし過ぎて労働から逃げるのが当たり前です。

 

 

 

 

それに、ある程度のレベルの夢って

簡単に手に入る時代ですから。

 

 

(もちろん、天性の才能でなければ務まらないような

例外もありますが)

 

 

だから、生半可な気持ちの人の夢は敗れるんです。

割と簡単に夢を手にした人ほど、敗れるんです。

 

 

労働主体の夢は「儚」いんです。

 

 

所詮は「マンパワー(人)+夢」なんですよ。

 

 

人間である以上、労働には限界があるってことです。

 

 

一生好きな仕事をし続ける秘訣

こんな戯言を語って終わりだと生産性がないですから、

僕なりの見解も書いておきますが。

 

 

仕事をする上で大切なのは

「今やっている仕事を好きになる」ことだと思ってます。

 

 

好きなことを仕事にするのではなく、

目の前の仕事を好きになることが大切ですね。

 

 

 

 

もしも「好きなことなら一生続くだろ?」

という横暴がまかり通るのであれば、

 

 

好きを仕事にした人が挫折する理由がないし、

なんとなく始めた仕事がなんとなく続いちゃう理由だってないわけで。

 

 

好きを仕事にして失敗した僕から言わせれば、

巷で横行している「夢への偏見」には根拠がないんですよね^^;

 

 

 

 

おまけに、この記事で僕に夢をけなされた気持ちになって

 

 

「私に限ってあり得ないから」と

感情を露わにして反発しちゃうようであれば

そもそも、その思考が危険なんですよね。

 

 

本当に純粋に心から好きなことを夢として持っていて

天職だと信じ切って、これから何十年も気が変わらずに

夢を職業にして人生を捧げることができる人なのなら、

 

 

この記事を読んでも何も響かないだろうし

まず、心が動くはずがないですからね。

 

 

こんな数千の文章ごときで心が揺れ動くようであれば、

その好きは「仮初の夢」なのかもしれません。

 

 

あなたの感情は、あなたの全てを見通します。

 

 

 

 

自分を認めるのも、夢を諦めるのもその人次第ですが

結果的な損得は、どっちに転んでも本人に降りかかります。

 

 

一般社会の労働から逃げたいがためだけに

昔の僕のように自分に嘘をついていると、

人生を棒に振ることになります。

 

 

時間は大切に。

 

 

PS.

ちなみに僕の場合、アフィリエイトという仕事は

「夢を叶えるために就いた仕事」です。

 

 

好きなことや夢を仕事にしたわけではありません。

 

 

今でさえアフィリエイトが純粋に好きですが、

それでも、始めてから楽しさ・面白さに気付いたクチなので

これこそ、天職だなって思ってます。

 

 

晴れて、アフィリエイトによって

「不労所得」という夢も勝ち取りましたしね。

 

 

夢って追うものではなく、作るものだよなって思いました^^

 

 

ひとまずの目標としての夢は叶えたので満足。

 

 

今度は理想の人生の中で生きて、死ねることが僕の今の夢であり、

僕が死ぬまでこの夢は実現されっぱなしです^^

 

 

こうして夢を作れるくらいに余裕が出てきたのも

一般社会で働くことを辞めたからだなぁって。

 

 

良いサイクルを感じてます。

 

 

PPS.

この記事を読み返してみると

僕の社会不適合者っぷりが伺えますね(笑)

 

 

社会不適合者が企業家気質だというのは

本当だったみたいです^^

 

 

夢を追っている時の自分のことは好きになれませんでしたが、

 

 

社会不適合者であるがゆえに

ネット起業できた自分のことは愛しています。

 

 

わんどんでした。

 

 



PR

「何から始めたらいいか分からない…」
「情報商材って怖い…」

そんな悩みとは今この場でおさらば^^

本当に使える情報商材をまとめてます。


→ジャンル別情報商材早見表



あなたからのお問い合わせは
いつでも受け付けています。

ネットビジネスの相談・質問や
「気になる案件があるけどこれってどうなの?」
「本当に選ぶべき情報商材は何?」など、
分からないことがあればお気軽にどうぞ^^


→わんどんにメールしてみる

プレゼント付き無料メルマガ

僕が20代でネット起業・脱サラし、
完全匿名で稼ぎ続ける「本音」を明かしています。




アフィリエイトで稼ぐ方法


コメントを残す

サブコンテンツ

わんどんのプロフィール

僕と一緒に「自由」を目指せる
メルマガ講座をやってます。
 
⇩⇩⇩⇩⇩
 
【メール講座はこちら】
>>>プレゼント付き<<<

 
アフィリエイトで独立した男のブログ
 
完全個人・完全匿名で
稼ぐ事に関してはプロです^^

月収100万円達成。

 
ネットで稼ぎたいのなら
「スキル」を育てるだけで
充分だと思ってます。
 
知っているか、いないか。
やるか、やらないか。
頑張れるか、頑張れないか。
継続できるか、できないか。

 
学歴も資格も人脈も才能も
ネットビジネスでは邪魔なだけ。
 
ネットビジネスって
そんなもんです。
 
【わんどんストーリーを読む】
 
 
 
僕と一緒に「自由」を目指せる
メルマガ講座をやってます。
 
⇩⇩⇩⇩⇩
 
【メール講座はこちら】
>>>プレゼント付き<<<

ブログ版ネットビジネス講座

ブログ版ネットビジネス講座

タグ

1ラウンドアフィリエイト 20代 ネット起業 20代 起業 20代 起業 メリット SEO対策 集客 アフィリエイト 挫折 アフィリエイト 稼げない アフィリエイト 自由 成功 アンリミテッドアフィリエイトネオ 特典 アンリミテッドアフィリエイトネオ 詐欺 トレンドアフィリエイト トレンドアフィリエイト 初心者 トレンドアフィリエイト 稼げない ネットビジネス メリット ネットビジネス 成功 ネットビジネス 目標 ネットビジネス 目的 ネット起業 メリット ブラック企業 辞めたい ブラック企業 辞められない ブログ アクセス 来ない ブログ・メルマガアフィリエイト 下克上∞ 久米妥 人生のステージ 仕事 辞めたい 仕事 辞められない 会社 辞めたい 会社 辞められない 尾上雄二 情報商材アフィリエイト 情報商材アフィリエイト セールス 情報商材アフィリエイト ブログ メルマガ 情報商材アフィリエイト 初心者 情報商材アフィリエイト 売れない 情報商材アフィリエイト 実績 情報商材アフィリエイト 挫折 情報商材アフィリエイト 稼げない 情報商材アフィリエイト 集客 情報商材アフィリエイト 難しい 株式会社アドシステム 株式会社バンザイ 物販アフィリエイト 稼げない 福田功 集客 SEO

わんどんからのプレゼント

このページの先頭へ