情報商材レビューの書き方には大事な要素が4つある

わんどんです。

 

 

情報商材アフィリエイトは報酬が高単価で

自動で稼げるからといって参入する人は多いですが、

 

 

書いても書いても売れない人ってのは

この業界から減りません^^;

 

 

僕の企画参加者には

「良い・悪いレビュー」はやめて!って言ってあるので平気ですが…

 

 

どんなに作業しても成果報告メールが来ない。

毎日ブログを書いてもお客は素通り。

お客のレビュー記事の滞在時間が数秒。

 

 

危機感を感じますよね。

 

 

 

 

情報商材アフィリエイトは

「お客の感情」を察知できないと、レビュー記事じゃ売れません。

 

 

感情が察知できていない文章が書いてある記事を読ませるくらいなら、

セールスレターへの誘導リンクのみのほうが売れるかもしれません^^;

 

 

 

 

それじゃレビューを書く意味がないので

僕が普段やっている「仕掛け」を暴露します。

 

 

売れるレビューの原則、売れないレビューの原因について。

 

 

情報商材レビューに欠かせない「レベル」は4段階

画像の作りが荒いのはご愛嬌(笑)

 

 

4つのレベルを図に表すとこんな感じですね。

①欲求

②満足

③危機感

④死の認識

 

 

こんな風に変化していきます。

 

 

 

 

ちなみにこの横線は「水位」です。

 

 

「水槽」にぶち込まれたお客が

その中から必死に逃れようとしている、と思ってください。

 

 

 

 

この水槽は、情報を与えると水位が上がり、

情報を与え過ぎると溺死します。

 

 

情報を与え過ぎて

(ページに)帰らぬ人にしてしまうことだけはご法度です^^;

 

 

知り過ぎて溺死したお客はあなたのレビュー記事から離れ、

その情報商材に興味すら示さなくなります。

 

 

逆に言えば、情報を出し惜しみしても

水槽の中でのうのうと生きながらえてボーッとしているだけ。

 

 

 

 

いかにして

「生きながらにして死を認識させて”逃れる”行動をさせるのか?」

というのが重要ですね。

 

 

情報商材レビュー4つのレベルの内容

僕が提唱する4つのレベルには、それぞれ違った要素があります。

 

 

①欲求

何を気にするわけでもなく、まだまだ水に浸っていても余裕。

 

 

○情報商材の中身を詳しく知りたい。

○信憑性・効果・クオリティ・ベネフィットを確認したい。

 

 

②満足

ひとしきり水に浸かったし、そろそろ水槽から出ようかな、と思い始める。

 

 

○情報商材の中身を理解したので欲求は収まる。

○ひとまずの幸福感を得る。

○でも、購入は後でいい、今は必要ない。

 

 

③危機感

自分の力では水槽から出られないことに気付く。

 

 

○この情報商材がないと自分が不利になることに気付く。

○手に入れなければいけない気がしている。

○なんなら今すぐにでも欲しい。

 

 

④死の認識

今にでもどこかにしがみ付かないと死ぬ!これじゃなきゃダメだ!

 

 

○あなたのアフィリリンクからセールスレターにアクセスする。

○死に物狂いで決済ボタンを探す。

○震える手でクレジットカード番号を入力し、決済ボタンを押す。

 

 

 

 

情報商材のレビューは、どんな情報を与えて欲求を満たし、

どうやって満足させて、なおかつ「ヤバイ」と思わせるのか?が重要です。

 

 

ボーッとレビュー書いてリンクを置いておけば

勝手にアクセスが来て売れるということは決してないので、

必ず意識していきたいところです。

 

 

情報商材レビュー4つのレベルの使い分け

情報商材のレビューを書く際は

4つのレベルのうちのどれかが「欠けている」ってのはダメですね。

 

 

1記事でアフィリリンクに誘導するわけだから

それぞれ順番に、しかも難なく読み続けられるように違和感なく、

そして、必ず行動を起こさせるように書かないと、お客は買いません^^;

 

 

辛く苦しい戦いです(笑)

 

 

欲求を埋めて満足させ、満足したところで危機感を感じさせ、

危機感を死に繋げる。

 

 

よくよく考えれば理にかなっている流れなんですが、

なにぶん、各々が書いている文章が全くバラバラなので

抽象的な説明にしかならないんです(笑)

 

 

 

 

なんにしても、4つの要素を含めていないレビューは

間違いなくお客を取りこぼしています。

 

 

「0円=損失」であるこの業界では

1記事で落とす技術が「最重要」だということです。

 

 

情報商材レビューの4つのレベルのバランス

そして、これらの要素を「どの程度・どの割合」で含めるのか?

というのが、あなたの腕の見せ所です^^

 

 

レビューに含める4つの要素で

売れる売れないが劇的に変わるということですね。

 

 

 

 

そもそもセールスの仕方が分からなくて

この要素を含める前に「売れる文章の仕組みを知らない」

って人は、こちらがオススメです。

記事:パーフェクトセールスを生み出す教科書

 

 

セールスができない人は

この業界では食っていけません。

 

 

学ぶか、辞めるか。

 

 

アフィリエイトはそれだけの違いで

ここに居続けられるかどうかが決まります。

 

 

わんどんでした。

 

 



PR

「何から始めたらいいか分からない…」
「情報商材って怖い…」

そんな悩みとは今この場でおさらば^^

本当に使える情報商材をまとめてます。


→ジャンル別情報商材早見表



あなたからのお問い合わせは
いつでも受け付けています。

ネットビジネスの相談・質問や
「気になる案件があるけどこれってどうなの?」
「本当に選ぶべき情報商材は何?」など、
分からないことがあればお気軽にどうぞ^^


→わんどんにメールしてみる

プレゼント付き無料メルマガ

僕が20代でネット起業・脱サラし、
完全匿名で稼ぎ続ける「本音」を明かしています。




アフィリエイトで稼ぐ方法


One Response to “情報商材レビューの書き方には大事な要素が4つある”

  1. こんばんは!
    情報商材レビューの4つを意識して
    記事を書きたいと思います。
    勉強になりました。
    ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ