自由な人生の邪魔になるものは排除する

わんどんです。

 

 

いくらやっても報われなかったんです。

 

 

なにがって、いくら働いても給料は上がらず、

無言の休日出勤命令は何ヶ月も止まず、

プライベートまで侵され、

ばあちゃんの死に目にも逢えず。

 

 

時は過ぎ去りました。

 

 

僕の人生はすでに20数年、過ぎ去ったのです。

 

 

人生って早いですね。

 

 

ちなみに結局、退職するまで、退職しても

時間外で働いた分は支給されませんでした^^;

 

 

自由な人生において邪魔になるもの

自由と一口に言えど、

その感じ方は人それぞれです。

 

 

ちなみに僕にとっての自由とは

自分で自分のためだけに稼げる世界を作ることでした。

 

 

生活費のためにただただ働く「ライスワーク」でもなく、

好きなことを仕事にするという「ライクワーク」でもなく、

生活の一部、使命感によって働く「ライフワーク」でもなく。

 

 

僕が欲しかったのは「ネクストライフ」です。

 

 

ネットに作った仕組みに働かせ、

全ての時間を、お金を自分のものにする。

 

 

僕の僕による僕のための世界。

 

 

人生のステージを上げたかったのです。

 

 

 

 

自分で自分のためにお金が稼げれば

毎日の出勤・退勤も、嫌な人間関係も必要ないし、

 

 

毎日一日中、上司にひっぱたかれることも、

そんな僕の姿を見た同僚たちに見放されることもない。

 

 

場所と時間によって拘束されて仕事をしていたせいで

ばあちゃんの死に目に会えなかったような過去も

これからは絶対に訪れないと思ったからです。

 

 

何かにすがってお駄賃をもらうようなサラリーマン生活よりも

個人事業のほうが圧倒的に自由を満喫できると思ったんです。

 

 

 

 

一般常識で言われているような自由みたいな、

休日だけ、自由にお金が使えるだけではダメで、

休日だけ、自由にどこかに行けるだけでもダメ。

 

 

「その両方+α」を自分の判断のみで操作できる人生こそが

唯一の安泰であり、目標だったのです。

 

 

そうして手に入れた今の暮らし、人生を僕自身は

「ネクストステージライフ」と呼んでいます。

 

 

何にも縛られない生活を手に入れました。

 

 

自由を手に入れるためにやったこと

そんな「自由」を手に入れるためには、

「人生の断捨離」が必要でした。

 

 

たとえ、今までずっと

一般常識にハマった考え方をしていようとも、

 

 

その思考要素の全てを今一度洗い出して

考察して、見つめ直す必要がありました。

 

 

「雇われなければお金は貰えない」

「汗水たらして走り回らないと稼げない」

「翌日の仕事に響かないように休日にくつろいではいけない」

「何も言われなくても土日は仕事するために出勤すること」

「ボーナスが欲しければ自分でお金を貯めて貰った気でいろ」

「自分の体調より会社の生産予定を優先しろ」

 

 

当時の僕は、会社に羽交い締めにされていましたね^^;

 

 

日本の「兵隊教育」の中でも

「模範」とされる人生だったと思います。

 

 

 

 

しかし、ネットが普及した今、

個人事業なんて誰にでも気軽に行える時代になりましたね。

 

 

状況を見切って賢く動いた

起業家・ネットビジネスマンはどんどん増えています。

 

 

ネットがなかったら

僕はのたれ死んでいたことでしょう(笑)

 

 

 

 

上記したような考え方は単純に「古い」ので、

勇気を出して「捨ててみる」ってのが僕の中での得策でした。

 

 

「食べていくお金は恋しいけど

このままでは自分の幸福度が上がらない」

 

 

「生きていくお金は大切だけどそれがなくても

日本にいれば、現代ではそうそう死なない」

 

 

「なによりも”やらされる仕事”をしていることが

人生レベルでの苦痛だ、ストレスはお金には変えられない」

 

 

そうして僕は、しがらみだった会社を飛び出しました。

 

 

改めて考えてみたら必要なかったからです。

 

 

正直、答えは一瞬で導き出せましたね。

 

 

試しにやってみると、

どれだけ人間が我慢しているのかが分かります。

 

 

雇われていることで僕の幸福度が上がるわけではない。

雇われていることで僕の収入が上がるわけではない。

雇われていることで人間関係が良好になるわけではない。

雇われていることで将来への不安が埋まるわけではない。

雇われていることで人生レベルの安泰が手に入るわけではない。

雇われていることで僕自身の時間が尊重されるわけではない。

雇われていることで個人で稼ぐ力が身に付くわけではない。

目先のお金を追って生きていてもその他大勢として死んでいくだけ。

 

 

もう、そうとしか考えられませんでした。

 

 

僕にとって「労働」は、必要のないことだったんです。

 

 

「幸福」には何が必要か?を真剣に考える

僕の打ち出した「ネクストステージライフ」は

自由な人生のこと。

 

 

すなわち「幸福」そのものなんです。

 

 

自由を目指す僕らにとっての幸福は

ネクストステージライフにある。

 

 

あなたも僕と同じように自由を目指すのなら

僕の今の人生を、ハッピーエンドとして想像するかもしれませんね。

 

 

「経済的自由」

「時間的自由」

「精神的自由」

 

 

これらの全ての要素を含む人生こそが

僕らにとっての幸福であり、ネクストステージライフです。

 

 

毎朝もぞもぞと布団の中で過ごしながら

日給3万円を稼ぎ、

 

 

焼肉を食べながら談笑して

1万円を払った瞬間にネットで3万円稼ぎ、

 

 

旅行先で写真を取っている瞬間にも

報酬確定メールが届き、

 

 

居酒屋で朝まで飲み明かしても

次の日に思う存分眠れるし、

 

 

体調が悪くなれば

いつでもぐっすり眠ることができるし、

 

 

大切な人が居なくなる前に

存分に時間を共有できる。

 

 

これが僕の手に入れた「ネクストステージライフ」です。

 

 

個人で稼ぐスキルというのは

これからの時代必ず必要になってきます。

記事:起業家と貯金家の圧倒的な相違点

 

 

わんどんでした。

 

 



PR

「何から始めたらいいか分からない…」
「情報商材って怖い…」

そんな悩みとは今この場でおさらば^^

本当に使える情報商材をまとめてます。


→ジャンル別情報商材早見表



あなたからのお問い合わせは
いつでも受け付けています。

ネットビジネスの相談・質問や
「気になる案件があるけどこれってどうなの?」
「本当に選ぶべき情報商材は何?」など、
分からないことがあればお気軽にどうぞ^^


→わんどんにメールしてみる

プレゼント付き無料メルマガ

僕が20代でネット起業・脱サラし、
完全匿名で稼ぎ続ける「本音」を明かしています。




アフィリエイトで稼ぐ方法


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ