アフィリエイトで挫折する原因「逃げ道」を確保するな

わんどんです。

 

 

アフィリエイトは「副業」で始めるパターンがほとんどだと思います。

 

 

普段の生活の中にアフィリエイトの時間を組み込んで

黙々と実践していくわけです。

 

 

朝起きて出勤して仕事して疲れて帰ってきて寝る。

 

 

この「負のサイクル」を打破するために

わざわざ時間を割いてアフィリエイトをやるわけですね。

 

 

 

 

世間はまだまだ「職場と家の往復生活」の人がほとんどだと思いますけど、

アフィリエイトを始めるにあたって注意して欲しいことがあります。

 

 

アフィリエイトで成功したいなら

「アフィリエイトを舐めるな!ビジネスをなんだと思ってるんだ!」

 

 

なんて言うつもりはないし、辞めたきゃ辞めればいいんですけど、

そうもいかない場合ってあると思います。

 

 

というか、そうもいかない状況だからこそ

アフィリエイトを始めるんだと思います。

 

 

収入増やしたいとか、生活が苦しいとか、仕事辞めたいとか。

 

 

人それぞれ「捨てきれない野望」があるんですよね。

 

 

 

 

「現状を打破する方法」としてアフィリエイトを選んだのなら

諦めちゃダメですよ^^

 

 

やってればできますから。

 

 

妥協が苦痛を生み出していることに気付いて欲しい

で、アフィリエイトで挫折する人の大半は

「こっちでもいいや」って衝動にかられるパターンがめっちゃ多いです。

 

 

それこそ、アフィリエイトちょっとだけやってすぐに稼げないからって

普段の社畜生活に逆戻りする人、ね^^;

 

 

会社で働いてれば給料は保証されるし、

思考停止で作業してるだけで会社からお駄賃もらえるし、

会社で労働してれば税金も代わりに払ってくれるし。

 

 

「目先の楽」に関しては、圧倒的です。

 

 

ですが、潜在意識レベルで考えた時に

「あなた自身が感じている苦痛」を生み出しているのは、

紛れもなく「労働」そのものなんじゃないでしょうか。

 

 

面倒・稼げない・売れないことを理由に

会社での労働という「目先の楽」を選択してしまうと

一生涯「目先のお金」しか手に入らなくなります。

 

 

 

 

会社に雇われて思考停止で働き続けているうちは、

給料以上の収入を手にすることはできません。

 

 

「労働時間=給料」程度の価値で、あなた自身は評価されてしまいます。

 

 

たとえ労働時間を増やしても、

増やした労働時間内でしか給料は増えません。

 

 

会社に行きたくない日も体調が悪い日も出勤しなければ

あっという間に収入は減るし、

 

 

一度でも仕事を休んでしまうと、

物理的な労働によって生み出される給料が、二度と増えることはありません。

 

 

将来が不安だからといって、目先のお金にすがっているうちは

アフィリエイトのように「1人で2人分以上の収入」を実現することは

不可能に近いといえます。

 

 

怪我や病気で仕事できなくなったら一瞬で収入がゼロになるリスクとか

ゲロ吐いてでも出勤しなくちゃいけないリスクとか、真剣に考えないとダメですよ。

 

 

まぁ、アフィリエイトを辞めるのも自由っすよ

「本業あるからいいや~」って少しでも思える人は

最初からアフィリエイトなんてやらないほうがいいです。

 

 

心底、仕事が好きなんでしょうし、今が楽しいのでしょう。

 

 

血反吐吐きながら業務を遂行するのが生きがいだというのなら

そっち側で過ごしていた方がその人にとって幸せです。

 

 

人間誰でも、無駄な時間を増やすのが一番苦痛ですから。

 

 

これから一生、職場と家の往復を選択していたほうが身のためです。

 

 

「往復=幸福」なら、僕は何も言いません。

 

 

わんどんでした。

 

 



PR

「何から始めたらいいか分からない…」
「情報商材って怖い…」

そんな悩みとは今この場でおさらば^^

本当に使える情報商材をまとめてます。


→ジャンル別情報商材早見表



あなたからのお問い合わせは
いつでも受け付けています。

ネットビジネスの相談・質問や
「気になる案件があるけどこれってどうなの?」
「本当に選ぶべき情報商材は何?」など、
分からないことがあればお気軽にどうぞ^^


→わんどんにメールしてみる

プレゼント付き無料メルマガ

僕が20代でネット起業・脱サラし、
完全匿名で稼ぎ続ける「本音」を明かしています。




アフィリエイトで稼ぐ方法


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ